一般社団法人 岩手県交通安全協会

電話 019-652-4597 ファックス 019-652-4599

体験型教育資器材

体験型教育資器材の活用

 岩手県交通安全協会では、エアバッグ爆発・衝撃体感システム、酒酔い体験ゴーグル、運転・歩行能力診断「点灯くん」、視野診断計、酒酔い体験ラインチェッカー等の体験型の交通安全資器材を整備し、交通安全講習会や各種イベントで活用を図ってまいりました。
 本年も主に小中学生や高齢者向けに自転車を運転する際に起こりうる危険を安全に体験することで、危険予測能力や安全意識の向上をはかり、体験後の解説などにより交通ルールとマナーを楽しく学ぶことを目的とし、「自転車シミュレーター」を平成22年5月から、平成23年7月には「クイックアーム」の運用を開始しております。これらの体験型教育資器材は、各警察署や地区交通安全協会等からの予約が集中しており、希望日時に貸出しが出来ない場合もありますので、事前にお問い合わせをお願いします。

【お問い合わせ先】岩手県交通安全協会 電話 019-652-4597

Quick Arm(クイックアーム)

Quick Arm(クイックアーム)

 W700mm × H200mm × D500mm、重量11kg
100V(通常コンセント)、消費電力20Wとコンパクトな設計で、ゲーム感覚でご家族、誰でも楽しめて、俊敏性が測れる測定器です。

Quick Arm(クイックアーム) 各種イベント

自転車シュミレーター

自転車シュミレーター

全長2270mm × 高さ1400mm × 幅990mm、重量88kgとコンパクトな設計で、左右確認用画面と後方確認用モニターを、搭載。

近年、交通事故死者数は減少しているものの、自転車事故による死者の比率は増加傾向にある。とくに10代と50代以上の自転車事故が多く、原因の約7割は交通ルール違反であることから、学校へ行く、スーパーへ買い物に行くなど、各年代に合わせたソフトを用意し、コースを選んで危険を体験することが可能なほか、体験後、上下左右さまざまな視点からの歩行軌跡を再生し、運転状況と評価を画面に表示する。

視野診断「みえ太くん」

視野診断「みえ太くん」

視野は重要!交通場面において、情報の約80%が目から入ってくる

普段私達は両目で物を見ているので、片方の眼を隠さないと、視野の異常に気がつきません。交通社会で安全に過ごすためには、「自分がどれくらいの範囲が見えているか」認識することが重要です。視野診断は、短時間でどれくらいの範囲が見えているのかを簡単にチェックすることができます。

酒酔い体験「ラインチェッカー」

酒酔い体験「ラインチェッカー」

このラインチェッカーを使えば、まっすぐ歩くことができるかどうかを楽しく・効果的に体験できます。まっすぐ歩くことができれば軽快なメロディーが流れ、ライン上から足がはずれるとサイレンが発生します。

酒酔い体験ゴーグル

酒酔い体験ゴーグル

このゴーグルは、飲酒による反応時間の遅れや混乱、視覚の歪みによる近く認識力のずれ、周囲の視野変形、二重の境界、そして判断力や筋肉運動同調の欠如等、飲酒によるダメージの大きさを疑似体験できます。

運転・歩行能力診断「点灯くん」

運動歩行能力診断「点灯くん」

「認知・判断・動作」能力の弱点分析と運転能力の強化回復を目指して、モグラたたきゲームの要領で、遊び感覚で気軽にトライできます。

エアバッグ爆発衝撃体験装置

エアバッグ爆発衝撃体験装置

エアバッグの破裂するスピードは約250km/hです。その速度は新幹線の走行速度とほぼ同じです。その驚異的なスピードで破裂するエアバッグが顔面を直撃したり、胸部を直撃したりすると大怪我、もしくは死に至る可能性もあります。もしシートベルトをしていなかったら…。この装置では、衝突時の衝撃体験とエアバッグの破裂を体験できるので、いかにシートベルトの着用が大切であるかあくまでエアバッグは補助装置であるということを知り、理解を深めてもらうことができます。

広報機関紙「交通いわて」

  • チャイルドシートの貸し出し
  • 交通安全グッズについて
  • 教材の貸し出しについて
  • 体験型教育資器材

ページの先頭へ